白ニキビを治すために大切な2つのポイント

1bc73123784369a43257508f613dcfd6_s

ニキビには、痛々しく炎症を起こしている赤ニキビや、鼻周りによくできる黒ニキビ、化膿して膿んでしまっている黄ニキビなど、いろいろな種類があることをご存知でしょうか?

中でも初期段階のニキビである「白ニキビ」は、ここから悪化させないようにすることが大切です。

きれいな肌を保つためにも、初期段階の白ニキビを治すにはどうしたら良いのでしょうか?

毛穴を柔らかく保つためにしっかり保湿!

そもそも白ニキビというのは、毛穴に皮脂が詰まってしまった状態のものをいいます。

触るとちょっと硬い感触で、これを気になるからといって不用意にいじってしまうとそこから雑菌が入り込み、炎症を起こします。

これが、痛みを伴う赤ニキビになってしまうんです。

また、白ニキビをそのまま放置しておくと、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒く変色し、黒ニキビへと変化してしまいます。

ですから、白ニキビがあると気づいたら悪化する前にケアをして治しておく必要があります。

では、まず白ニキビを予防することから始めていきましょう。

すでに白ニキビがあるという方も、これ以上新たな白ニキビができるのを防ぐために効果的です。

白ニキビの予防。

なにが重要だと思いますか?

それは、毛穴を詰まらせないようにすること。

毛穴に皮脂が詰まり、白ニキビになってしまうのは毛穴が硬くなってしまうことが原因です。

なので、まずは毛穴が硬くならないように肌を柔らかくしておきましょう。

たっぷりと保湿を行うことで肌は柔らかくなりますし、何より保湿は肌ケアにおいて最も効果的で初歩的なケア方法です。

洗顔での皮脂の落とし過ぎに注意!

さらに白ニキビを予防するには、多くの方が「洗顔」だと思うのではないでしょうか?

もちろん、ニキビの原因となる余分な皮脂を落とすのに洗顔は非常に有効なケア方法です。

しかし、皮脂を落とそう、落とそうとして何度も洗顔を行ってはいませんか?

これは実はNGなんです!

皮脂をがっつり落としてしまうと、肌のバリア機能として必要な皮脂まで失われてしまいますし、逆に乾燥を引き起こします

皮脂を落とし過ぎると肌はうるおいをキープしようとして、さらに皮脂を分泌します。

ニキビケアのために洗顔をしているのに皮脂がさらに分泌されては非常に悪循環。

ですから、1日2回程度の洗顔をし、あとは自分の肌に合う化粧水などを使用してしっかり&たっぷり保湿をすることが重要です。

通常のニキビケアはここまででじゅうぶんなのですが、念のため、ニキビを悪化させる活性酸素の働きを抑えてくれるという「ビタミンC」のサプリメントなどを摂取しておくとベターです。

コメントは受け付けていません。