生理前に顎ニキビを繰り返すのはなぜ??その3つの原因と対策

a47850d9b5cd66207893bc72ff27e20d_s

普段はほとんどニキビができない人でも、「生理前はなぜかフェイスラインや顎にニキビができてしまう」という人が多いそうです。
顎ニキビは跡が特に残りやすいため、とても気になるものです。

今回は生理前にできてしまう顎ニキビの原因と対策を紹介したいと思いま

生理前に顎ニキビができやすくなる3つの原因

1.生理前の顎ニキビは女性ホルモンが関係している

女性ホルモンは、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンから構成されています。生理前になるとプロゲステロンの分泌が多くなります。

すると、プロゲステロンの分泌に伴い皮脂の分泌も増え、それが毛穴に詰まり、他の部位に比べ皮膚が薄く、小さな毛穴が多い顎にニキビができやすくなってしまうのです。

そのうえ、生理前は普段より心も体もとってもデリケートな時期です。普段は何気なくやっていることでも、生理前には心身に大きく影響してしまい、フェイスラインや顎にニキビができる原因になってしまいます。

2.肌の乾燥がより多くの顎ニキビを発生させる原因になる

ニキビができる原因といえば「脂肌」と思いがちですが、実はそれ以前の「乾燥」が原因でほとんどのニキビができています。

肌は、乾燥が進むとどんどん脂を分泌し肌を守ろうとします。するとニキビができやすい状態になってしまうのです。

特に生理前は前述のプロゲステロンの影響で皮脂量がさらに多くなるので、普段よりもスキンケアに気を配らないといけません。

肌の乾燥が気になるときは、いつもより丁寧に優しく洗顔をして、きちんと汚れを落とし、保湿もしっかりするようにしましょう。ただし、洗浄力の強い洗顔料はそれだけ肌へのダメージも大きいのでよくありません。肌がデリケートな生理前は低刺激のものを選びましょう。

また、あまり知られていませんが、紫外線も乾燥の原因となります。太陽の出ていない日でも紫外線は降り注いでいるので、曇りの日でも冬でも日焼け止めは忘れずに塗ることをおすすめします。

3.生理前は肌のバリア機能が低下するから

普段、私たちの肌にある「抗菌ペプチド」という成分が、ニキビの原因となるアクネ菌を抑制してくれています。

ですが、生理前に女性ホルモンのうちのプロゲステロンが増えているときは抗菌ペプチドが減ってしまい、アクネ菌を抑制することができなくなってしまうため、ニキビができやすくなるのです。

生理前の顎ニキビを予防するために大切な3つのこと

ひと言でいうと、「睡眠をたくさん取り、規則正しい生活をすること」が大切です。

1.睡眠をしっかりとる

生理前にフェイスラインや顎にニキビを作らないようにするには、睡眠をしっかり取ることがとても大切です。

睡眠をしっかり取ることはストレス解消につながり、女性ホルモンのバランスを整えることができるので、生理前の顎ニキビをできにくくします。

2.イソフラボンを含むバランスの良い食事

また、もう1つ気をつけることはバランスの良い食事をすることです。数ある食材の中でも「イソフラボン」が多く含まれる大豆食品は美肌にとてもいいので、たくさん食べるようにしましょう。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをし、アンチエイジング効果があることでも有名です。

イソフラボンが含まれる食品はたとえば以下のようなものです。

  • きな粉:266.2mg
  • 揚げ豆腐:200.7mg
  • 大豆:140.5mg
  • 納豆:73.5mg
  • 煮豆:72.1mg
  • 味噌:49.7mg
  • 油揚げ:39.2mg
  • 豆乳:27.8mg
  • おから:10.5mg
  • 醤油:0.9mg

※100g当たりの含有量

3.ダイエットはお休みする

また、生理前は女性ホルモンの影響で痩せにくくなってしまうので、ダイエットはお休みしておくといいと思います。これにより、心身が不安定な時期にかかる余計なストレスも回避できます。

まとめ

私も普段からしっかりケアをしているのに、生理前だけはどうしても顎ニキビができてしまい、いつも悩まされています。

ホルモンの関係なので完全に解消するのは難しいかもしれませんが、顎ニキビを減らすことならできるはず。そのためにできることはやっておきたいですよね。

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願って。

コメントは受け付けていません。