二の腕の部分痩せに効果的な、自宅で出来る3つの方法!

8194caebad6cc9cb09b8f5431b4f7448_s

ドレスや夏場の薄着で気になるのが、プルプルの二の腕ですよね?

せっかく綺麗なドレスを着ても、二の腕が太くて似合わないという悩みの女性は多いです。

それなら、ドレスも薄着も恥ずかしくないよう二の腕をシェイプアップしてあげましょう!

プルプルの原因さえわかってしまえば、意外と簡単に細くすることができるんですよ。

ここでは二の腕を細くする方法をご紹介しているので、二の腕のたるみが気になる方は試してみてください。

なぜ二の腕は痩せづらいのか?

二の腕がなぜ痩せづらいのか、それは私たちが普段行う動作に関係があります。

腕の力こぶができる部分(上腕二頭筋)は、何かを持ち上げたり引っ張る際に使われます。

それに対して、二の腕(上腕三頭筋)は何かを押す際にしか使われません。

なので、普段から使われる頻度が少ない二の腕は筋肉が落ちやすく、どうしてもたるみがちになってしまうんです。

ではどうすれば細くなるの?

二の腕を細くするための方法は筋力トレーニングです。

筋肉が少ないせいで脂肪が付き、引き締める力も弱いためにプニプニで太く見えてしまっているのなら、筋肉をつけて引き締めてしまおうというわけです。

筋肉がつけば必然的に消費カロリーも上昇し、たるみっぱなしだった二の腕部分がキュッと引き締まります。

でも筋肉をつけるとなると、女性特有の悩みが出てきます。

腕が太くなるのでは?

「筋肉をつける=太くなる」そう思ってしまうのもムリはありません。

でも安心してください。太くなるような筋肉をつけるわけではないんです。

あくまでも二の腕を引き締める程度の筋肉をつけるだけなので、ムキムキになるようなトレーニングはしません。

むしろ、引き締まるので脂肪だけの状態よりもかなり細くなりますよ!

二の腕に効果的な簡単トレーニング方法は3つ!

二の腕を細くするためにできて、なおかつ今すぐにでも実践できるトレーニングは次の3つです。

  • 押す
  • ダンベル後ろ上げ
  • 後ろ腕立て伏せ

この3つを行うことで、二の腕に筋肉がつきスッキリと引き締めることができます。

そして、これらの具体的なトレーニング方法は以下のとおりです。

何かを押す

何でもいいので、何かを押すという行動を取ることで二の腕を鍛えることが可能です。

例えば、デスクに座ったままキーボードを打つように手を置き、そのまま下に向かって力をグッと入れてください。

すると、二の腕が少し固くなっているのがわかるはずです。

このように何かを押すという行動を1回10秒間、1日に10回以上を目安に行うと効果的です。

ダンベル後ろ上げ

ダンベル(水を入れたペットボトルでも可)を持ち、腕を90度に曲げたまま後ろに引きます。

その状態でさらに肘から先を上げます。イメージ的には肘から先を伸ばす感じです。

このトレーニングは二の腕の筋肉にききますし、さらに荷重もかけているのでより効果的です。

ただし、ダンベルを重くすると太くなるので注意してください!

500gの重さで10回1セット、それを10回を目安に取り組むくらいで大丈夫です。

後ろ腕立て伏せ

やり方は、まずこの画像の女性のような体勢になります。

あとは、肘をゆっくりと曲げてまた戻すということを繰り返せば二の腕に効きます。

ポイントはなるべくゆっくりと動かし、きちんと二の腕を意識してあげることです。

このトレーニングはやり過ぎると肘を痛めるので、肘に少しでも違和感を感じたら控えるようにしてください。

まとめ

二の腕を細くするには、

  • 押す
  • ダンベル後ろ上げ
  • 後ろ腕立て伏せ

この3つで筋肉をつけ、脂肪を減らし引き締めることです。

太くもなりませんし、むしろプニプニな状態よりもかなり細くなるので1度試してみてください。

3ヶ月後には、プニプニではなく引き締まった美しい二の腕が手に入っているはずですよ!

コメントは受け付けていません。