顔の乾燥対策でとっても有効な4つのスキンケア

ac5d8ba84097821ef9634bcd9de4cc9d_s

毎年冬になると、顔が乾燥してカサカサになってしまう・・・。これって多くの女性が悩む試練ですね。

でも、ちょっと待って?あなたのスキンケア方法は、本当に乾燥対策に有効的ですか?

いくら乾燥しやすい季節だからって、肌が必要としているもまで洗顔で洗い流してしまっていたり、肌が必要としている以上の栄養分を与えすぎたり・・・。

乾燥する季節に大切なのは、「いつも以上にたくさん与える事」ではなく「乾燥しにくくなる肌に整える事」。

ということで、毎日のお手入れを見直し、普段のスキンケアから取り入れられるお肌の乾燥対策のを4つのポイントでご紹介します。目指せ潤い肌!

洗顔時のお湯の温度を見直す

寒いからとついつい温かいお湯で顔を洗いがちですが、実はこれ、お肌の乾燥の一番の原因なんです!

お湯は、水で顔を洗うよりも何倍も肌表面の水分を蒸発させ、それと一緒に肌の内側にある水分まで一緒に蒸発してしまいます。

食器洗いを想像してみてください。熱いお湯で洗った食器なんかはすぐに水分が蒸発して乾きますが、水で洗った食器はいつまでも水が残っています。

つまり、「熱いお湯で顔を洗う」ということは、より早く肌を乾燥させてしまうとっても危険な行為なのです!!

かといって真水では、肌表面の汚れも浮き上がらずきちんと洗い流せないし、なにより冷たくて洗顔することが億劫になってしまいます。

ということで、お肌はひと肌くらいの「ぬるま湯」で洗顔することが、乾燥対策の効果的な方法。お肌への刺激も少なく、毛穴の汚れもしっかり浮き出してくれます。

乾燥が気になっている方は、お湯の温度を見直しましょう。

 

クレンジングを見直す

今、世の中ではオイルクレンジングが主流で、その使用率は4割とも言われています。

肌のバランスが落ち着かない春から汗や油の多い夏に関しては、肌表面や毛穴の汚れを落とすオイルクレンジングはとっても効果的。ですが、外気が急激に下がる秋と空気が乾燥する冬は「落としすぎ」に注意が必要です。

今世の中で販売されているオイルクレンジングは、洗い流した後のぬめり感を無くし、さっぱりした洗い上がりになるように作られているものがほとんどです。

ですが、このぬめり感がないと洗顔後の毛穴が開いたまま直接乾燥した外気に触れてしまうことになり、次に化粧水を付ける時までの間に勢いよく肌の水分が出て行ってしまうことになります。

そこで、クレンジングの種類をクリームタイプやミルクタイプに変更して、肌表面に乗っている「汚れ」は浮かせて落とすけれど肌表面のうるおいはそのまま残すようにすれば、急激な水分の蒸発を防ぐことができます!

今使っているクレンジングがオイルタイプやさっぱりタイプであれば、クレンジングを見直してみてはいかがでしょうか。

 

油分よりも大切な「水分を入れ込む」こと

肌が乾燥する時期に重要に思われがちな「油分で蓋をする」という行為。これは潤った肌の外に水分を逃がさないようにすることが目的です。

油分で蓋をすること自体はとってもいい事なのですが、そもそもその下のお肌が水分を十分に保っていない状態だとすると・・・、いくら上から蓋をしてもあまり意味がないですよね。

つまり、大切なことは油分で蓋をする前にまず「どうやって水分をしっかりと入れ込むか」を考えることです。

化粧水前に使用する導入美容液などであればとても簡単で取り入れやすく、その後に使う化粧水の効果を何倍にも高めてくれます。

また、フェイスオイルなども、肌表面のうるおい保ち、水分を沁み込みやすい肌に整えてくれる役割があるので効果的です。

そして、化粧水をコットン等にたっぷり含ませてしっかりとタッピングまたはハンドプッシュします。ここで使用する化粧水は肌に合ったものであればさっぱりタイプでもOK。

とろみがついたしっとりタイプの化粧水なども乾燥する冬に使いがちですが、水分を吸いこむ準備ができていない肌には、とろみタイプを使用したところで水分を吸い込むわけではありません。

水分を十分にお肌に入れ込むと、その後に使用するオイルや乳液の「蓋」の効果が、2倍も3倍も変わってきますよ!

 

最後はしっかり「蓋をする」

乾燥対策の仕上げは、最後にやっぱり「蓋をする」です。スキンケアの工程として、最後の蓋をするという役割は大変重要です。

ここでお肌にしっかりと「蓋」をすることで、先に使用したアイテムの成分を肌に浸透させその効果を効率よく発揮させます。

化粧水で水分をしっかりと肌に入れ込んで、吸い付くようなもっちり肌に整えたら、油分でその水分を閉じ込めましょう。

ここで使用するものには乳液やクリーム、オイルなど自分の肌に合ったものを選びます。ただし、「乾燥している=こってりクリームをたくさん使う」という固定概念は捨ててください。

「肌に合うものを適量使う」これが鉄則です。

自分がいくら乾燥していると思ってても、お肌からすれば上記で書いたように「クレンジングで落としすぎていただけ」や「水分が足りなかっただけ」だったかもしれません。

また、使用するクリームなどが濃すぎたり多すぎたりすると、肌表面が余分な油分でどろどろになり、結果肌の上に留まらずに流れてしまってその効果は半減。

せっかく蓋して閉じ込めた水分が全部出て行ってしまうことにもなりかねません。お肌の上で均一に蓋をしてくれるものを使用しましょう。

コメントは受け付けていません。