敏感肌を改善する!失敗しない化粧品を選ぶ3つのポイント

49f5b04a49616dded6494498f5159b22_s

敏感肌でも安心して使える化粧品って、どうやって選べば良いのだろう?とお困りではありませんか?

敏感肌が化粧品を選ぶポイントは3つあり、正しい「選び方」を行うことが出来れば敏感な肌状態を改善に導くことが可能です。

そこで今回は、敏感肌を改善して美肌を手にいれる化粧品の選び方をご紹介します。

1.敏感肌の方が化粧品を選ぶ3つのポイント

現在、敏感肌用化粧品は多く存在していますがパッケージに「敏感肌用」と記載があっても、実際は敏感肌向きでない商品も多々あります。

敏感肌の方が化粧品を選ぶ際は、「低刺激」かつ「高保湿」を意識して、次の3つのポイントを基準にした化粧品を選びましょう。

1-1.保湿を行うために「保湿成分」を取り入れた化粧品を選ぶ

敏感肌には保湿が欠かせません。その中でも「肌内部の水分を抱えて離さない成分=保湿成分」を配合した化粧品でケアすることが保湿には効果的です。

「保湿成分」にも様々な種類がありますが、特に「セラミド」は最も水を蓄える力(保水力)が高く、保湿効果があります。

「セラミド」は類似品が多いですが、成分表示上で「セラミド」の後に【2・3・6・10】などの数字が書いてあるものが「ヒト型セラミド」と呼ばれる本物のセラミドです。

また、セラミドに次いで保湿効果の高い成分は次の通りです。できるだけこれらの成分が配合されている化粧品を選びましょう。

<最も保湿効果が高い成分>
・スフィンゴ脂質
・水素添加大豆レシチン
・ヒアルロン酸
・ステアリン酸コレステロール

<保湿効果が高い成分>
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン

※上記は代表的な保湿成分です。

1-2.肌刺激になりやすい成分を避ける

敏感肌の方は、「ビタミンC誘導体」や「アルコール」、「香料」等が刺激になることもあります。

「ビタミンC誘導体」は、ニキビの炎症を抑えて皮脂の分泌をコントロールするなど、多くの肌悩みに対してアプローチする力が備わっています。

しかし、その分乾燥を悪化させてしまったり、肌刺激になりやすい成分でもあるので敏感な肌の方にはおすすめしません。

「アルコール」や「香料」も種類や配合量によって刺激になる恐れがあるため、使用する場合は必ずパッチテストを行い、問題がないかを確認しましょう。

また、「オーガニックコスメ」が肌に優しいと感じて使用する方もいますが、一概に「低刺激である」とは言えません。

オーガニックコスメは低刺激なイメージがありますが、化粧品に対して肌が反応しやすい人こそ「エッセンシャルオイル」の種類によっては肌に合わないこともあるのでオーガニックコスメを使用する際も、パッチテストなどで刺激を感じないか確認する必要があります。

1-3.必要以上の化粧品は使用しない

敏感肌の場合、多種類の化粧品を使用する事は避けましょう。

それは、皮膚が複雑な化学構造のものに敏感に反応する特性があるため、化粧品の配合成分が多ければ多いほどかぶれや赤みを起こす可能性が高まるからです。

多種類の化粧品を使用する事は、刺激のある成分に出会う確率が高くなります。

「美容液を何本も使う」「角質を取り除くピーリングを行う」などのスペシャルケアや不必要なお手入れは避けて、できるだけ【クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液】等の必要最低限な化粧品だけを選びましょう。

コメントは受け付けていません。